まことcafe-口笛がきこえる。あたらしいコト。

ニューなかのビレッジのまことcafeのお知らせをするブログです。ニューなかのビレッジは面白そうを形にする、世の中をもっと希望の持てるところにするという団体です。http://makotocafe.thebase.in

油の話 第6回「食用油とうつ病」

こんにちは。油の話をいつも読んでいただきありがとうございます。

油の話も6回目になりました。読んでますというお声を聞くと嬉しくなります。

6回目は「食用油うつ病」ということを書いてみます。油の勉強をする前は食用油うつ病が関係あるとは思ってもみませんでした。

食用油うつ病が関係する理由は、脳は60%が脂質で出来いるということです。脳の中には脳神経細胞がたくさんあり、これのおかげで脳内では次から次へと命令信号が伝えられていきます。

この重要な働きを持つ脳神経細胞は、ほかの細胞ではあり得ないほど大量のDHA(ドコサヘキサエン酸)から作られています。

なので、日常の食生活にDHAやその原料となるアルファ-リノレン酸が入っていないと脳神経細胞は正常に働くことが出来ません。

研究によってDHAを含む魚をよく食べる人達には、うつ病が起こりにくいといわれています。

アメリカでは日本よりも一足早くうつ病に悩まされる人が激増しています。アメリカ人の食事がリノール酸過剰で、アルファ-リノレン酸などが極端に少ないせいだろうと言われています。

1980年代にはすでに、ドナルド・ランディ医師がアルファ-リノレン酸が豊富な亜麻仁油を患者に与えてうつ病が改善したという報告もあります。しかし患者の食事にリノール酸を多くしたところ、症状がぶり返したそうです。脂肪酸のバランスが心の健康にとって大事であることを示す一つの例となっています。

マウスの実験でもリノール酸を多く与えたマウスは、アルファ-リノレン酸を多く与えたマウスよりも不安誘発が多く、落ち着きがないという実験結果もあります。

この他にもリノール酸過多については自殺企図、精神分裂症、統合失調症ADHD(注意欠陥多動性障害)等の心の病と深く関係があると研究が進んでいます。

ちなみに、まことcafeで販売しているえごま油はアルファ-リノレン酸が多く含まれる油と言われています。

ちょっと重いテーマになってしまいました。最後まで読んでいただきありがとうございます!

参考書籍
油の正しい選び方、摂り方
食用油には危険がいっぱい!

f:id:mongrain218:20170126213653j:plain

埼玉県小鹿野町のおがのゲストハウスに行って来た。

おがのゲストハウスに行って来ました!

ウナカメでらぶ子食堂を営業していた、らぶ子さんが埼玉県小鹿野町でゲストハウスを作ろうと奮闘中。3月下旬にオープンするみたいです。

フラっと行った割には、小鹿野町役場の方、秩父市で新たな事を始めようとしている皆さんの「今から会議」参加させて頂いたり、多世代コミュニティを作ろうと活動している方と話が出来たり、いい刺激をもらいました。ありがとうございます。

一人で考えてるとイマジネーションが縮こまっていくなーと実感。

次回は小鹿野チェブラーシカに会いに行く目的もできたので、また行きまーす(o^O^o)

f:id:mongrain218:20170125190840j:plain
f:id:mongrain218:20170125191058j:plain
小鹿野は氷柱が有名です。

f:id:mongrain218:20170125191203j:plain
おがのゲストハウスの広間

f:id:mongrain218:20170125191348j:plain
f:id:mongrain218:20170125191506j:plain
秩父といえば「わらじかつ」
やはり吉高由里子が持った方がいい。

おがのにゲストハウスを作ろうブログ
http://oganogh.wp.xdomain.jp/

オメガ3脂肪酸たっぷり!えごまランチプレート完成!

本日のえごまランチプレートが完成しました!オメガ3脂肪酸たっぷりです、

まことcafeのえごま油は搾りたてなので、良く言えばえごまの香りが豊潤、悪くいうとえごまの癖がそのままです。

料理家の方にお願いして食べやすいえごま油料理を考えて頂きました。メニューは下記に記載しました。どれもえごま油が使用されています。

韓国風のり巻き キンパ
長ひじきのバルサミコサラダ
大根とホタテのえごま油和え
ニンジンのラペ
ほうれん草のえごま油ナムル
豆乳スープ えごま風味

価格 1000円

本日(1/23)、1/26、1/27、2/2、2/3、2/4にひと・いきカフェ エカイエで食べれます。搾りたてえごま油も買えます。是非起こし下さい。

ひと・いきカフェ エカイエ
http://kaiwowaru.jimdo.com/

f:id:mongrain218:20170123140858j:plain

f:id:mongrain218:20170123140940j:plain

f:id:mongrain218:20170123141016j:plain
レシピも配布してます。えごま油の使い方の参考に
してください。

油の話 第5回「植物油と環境ホルモン」

いつもまことcafeの油の話をご覧いただきありがとうございます。

今回で5回目になりました。テーマは「食用油環境ホルモン」です。回を重ねるごとに文章にするのが難しいと感じています。

まずは環境ホルモンとは何か?という事から話します。

ほとんど全ての高等動物は成熟すると、異性を求めます。異性は求める行動は性ホルモンの分泌によって引き起こされます。

環境ホルモンとは性ホルモンに見せかけながら遺伝子DNAに影響を与えて、生殖機能に影響を及ぼす物質です。
そして、植物油の中にはたくさんの量の環境ホルモンが含まれていると推定されています。

環境ホルモンの代表的はものはダイオキシンです。ダイオキシンの作用に男性のメス化が進むと言われています。

男性のメス化については、世界的に男性の精子量が減少しているという報告がされています。日本人の方が欧州に比べて、より減少度合いが激しいとされています。

性ホルモンなど、大事なホルモンは脂溶性の物質が多いのです。つまり親世代からの「植物油漬け」の影響が現在現れてきていると考えてもおかしくはありません。

実験はラットやミニブタに菜種油などを飼料に混ぜて長期間与えた場合に動物の生殖に影響を与える(精子を作るホルモンが減る)という実験結果があります。

そして「植物油脂が人の生殖に生理に影響を及ぼしていない」と言える根拠はありません。

植物油の搾りカスが飼料に混ぜられている、乳牛は受胎率が落ちているというデータもあります。

植物油が環境ホルモンとして人に影響を及ぼしているという事は間違いないだろうとされています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。興味のある方がいましたら、一緒に勉強をしましょう。

参考書籍
本当は危ない植物油
油の正しい選び方、摂り方

f:id:mongrain218:20170120133546j:plain

ひと・いきカフェ エカイエで木金土曜日
搾りたてのえごま油を販売してます。
http://kaiwowaru.jimdo.com/

新作の「アボカドとブロッコリーのパスタ」

まことcafeに新しいメニューが登場しました。

「アボカドとブロッコリーのパスタ(サラダ付)1000円」です。アボカドがソースになり濃くあるのにサッパリしてます!

お近くにきたら食べてみて下さい!お待ちしてます。

f:id:mongrain218:20170119123745j:plain

ひと・いきカフェ エカイエ
http://kaiwowaru.jimdo.com/

まことcafeはひと・いきカフェ エカイエにて
木金土曜日に営業しています。

油の話 第4回「サラダ油って何が危険なの?」

いつも油の話を読んでいただきありがとうございます。油の話も第4回になりました。

食用油の事を詳しい知れば知るほど重要性が解ってきました。同時に伝える難しさも感じています。科学的な話ばかりになってしまいます。

油の話では部分的に切り取って、解りやすく伝えていきます。

今回はサラダ油が危険と言われる一つの原因について触れます。

サラダ油は主にコーン油、大豆油、紅花油などが使われます。これらの油に含まれるリノール酸を加熱すると、「ヒドロキシノネナール」という神経細胞を破壊する物質が発生します。

このことは、米国ミネソタ大学教授 サーリ・ツァラニー先生が2005年に発表しています。

ヒドロキシノネナールは心疾患、脳卒中アルツハイマー病、パーキンソン病、肝臓疾患、癌、うつ病を引き起こす可能性があると言われています。

そしてサラダ油は作られる過程(抽出、精製、脱臭)で高温処理をされている事が多く、製品の段階でヒドロキシノネナールが含まれると言われています。

その油を加熱調理する事で、さらにヒドロキシノネナールが増加するされています。

そのようなサラダ油を日々、外食や自宅での食事で摂ることによって認知症が増えているとも言われています。
統計では認知症の人数は1995年には126万人が2012年には305万人と20年経たない内に倍以上になっています。

今回は近年注目の物質であるヒドロキシノネナールに触れました。最後まで読んでいただきありがとうございました!

参考書籍
そのサラダ油が脳と体を壊している
認知症が嫌なら油を変えよう!

f:id:mongrain218:20170115165308j:plain

油の話 第3回「リノール酸過多がアレルギーの大きな一因です」

油の話も第3回目になりました。勢いがあるうちに、なるべく書きたいと思ってます。食用油がアレルギーの原因というのは、自分自身も驚きました。

まず、リノール酸とは植物油に含まれる脂肪酸で、特に大豆油、ごま油、コーン油、綿実油などに多く含まれます。

リノール酸は必須脂肪酸です、身体の中で作る事が出来ない為、食品から摂らなければいけません。

リノール酸は血液中のコレステロール値を下げる働きがあります。しかし過剰摂取は善玉コレステロールまで減らして動脈硬化を起こりやすくしてしまいます。

過去半世紀の間にアレルギー症の人は数倍に増加したいといわれています。日本人の3人に1人は何からのアレルギーを持っていると言われています。

アレルゲンも増えていますが、それだけでは説明出来ない事も多いのです。
そして、アレルギーの大きな一因の一つは「動物性脂肪の摂取を抑えて、高リノール酸食用油の摂取を増やす」という栄養指導が大きな原因だといわれています。

簡単にリノール酸過多がアレルギーを起こす仕組みを説明すると、リノール酸は身体の中でアラキドン酸という脂肪酸に変わります。アラキドン酸は過剰になると身体の中で炎症を起こす物質を生産します。

そして起こる身体の炎症が乾燥肌、かゆみ、乾癬、アトピー性皮膚炎、花粉症、炎症性腸疾患、肺炎、気管支炎などです。
乳幼児のアトピー性疾患の原因の一つは母親のリノール酸過多だといわれています。

リノール酸と同じく必須脂肪酸で身体に不可欠な脂肪酸がα-リノレン酸(アルファリノレン酸)があります。

健康な身体にはリノール酸、α-リノレン酸のバランスが重要とされています。良いバランスはリノール酸:α-リノレン酸が1:1~4:1とされています。
日本人は現在リノール酸:α-リノレン酸が20:1になっているとも言われています。

α-リノレン酸リノール酸の摂取により起こる炎症を抑える働きがあります。α-リノレン酸はえごま油、アマニ油に多く含まれます。

かなりのボリュームになってしまったので、ここまでにします。少しずつ役に立ちそうな事を書いていきます。

個人的な感想としては、α-リノレン酸を摂らなきゃ!と思う前にリノール酸摂取量を減らすのが重要だと思いました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考書籍
油の正しい選び方、摂り方
病気がイヤなら「油」を変えなさい!
そのサラダ油が脳と体を壊している
食用油には危険がいっぱい!
食べて悪い油、食べてよい油

f:id:mongrain218:20170112142627j:plain